金沢の兼六園・岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、都市公園としては、ニューヨークのセントラルパークに次ぐ世界第2位の面積を誇る。園内には約100品種3000本の梅が植えられ、2月中旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、桜やつつじなどの草花が季節を華やかに彩ります。
金沢の兼六園・岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、都市公園としては、ニューヨークのセントラルパークに次ぐ世界第2位の面積を誇る。園内には約100品種3000本の梅が植えられ、2月中旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、桜やつつじなどの草花が季節を華やかに彩ります。

全長375mの吊り橋の上から、湖面に向かってジャンプ!最大で高さ100mとなる竜神大吊橋からのバンジージャンプは、シーズン常設としては日本一。年間1万人以上のジャンパーが挑戦しています。
全長375mの吊り橋の上から、湖面に向かってジャンプ!最大で高さ100mとなる竜神大吊橋からのバンジージャンプは、シーズン常設としては日本一。年間1万人以上のジャンパーが挑戦しています。
50種類以上のサメを飼育し、飼育種類数日本一! マンボウの専用水槽サイズも日本一! 約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館です。
50種類以上のサメを飼育し、飼育種類数日本一! マンボウの専用水槽サイズも日本一! 約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館です。
サッカーのクラブ世界一を争うFIFAクラブワールドカップ2016決勝戦で、欧州王者のレアルマドリードと熱戦を繰り広げたJ1覇者のプレーをホームで観戦!
サッカーのクラブ世界一を争うFIFAクラブワールドカップ2016決勝戦で、欧州王者のレアルマドリードと熱戦を繰り広げたJ1覇者のプレーをホームで観戦!
納豆の生産量日本一を誇る茨城県では、7月10日の「納豆の日」にちなみ、イベントを開催。納豆メニューを試食できる「納豆食堂」のほか、海苔や納豆商品のプレゼントなど内容盛りだくさん。2017年は茨城を飛び出し、札幌で開催。
納豆の生産量日本一を誇る茨城県では、7月10日の「納豆の日」にちなみ、イベントを開催。納豆メニューを試食できる「納豆食堂」のほか、海苔や納豆商品のプレゼントなど内容盛りだくさん。2017年は茨城を飛び出し、札幌で開催。

花と緑に囲まれた「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。開園面積約200haの広い園内は、各所に大規模な花畑があり、四季折々の草花が訪れる人々の目を楽しませてくれます。秋にはモコモコとしたコキアが紅葉し、大地を真っ赤に染め上げる景色は圧巻。
花と緑に囲まれた「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。開園面積約200haの広い園内は、各所に大規模な花畑があり、四季折々の草花が訪れる人々の目を楽しませてくれます。秋にはモコモコとしたコキアが紅葉し、大地を真っ赤に染め上げる景色は圧巻。
14市町村にまたがる総延長180㎞のサイクリングロード。水郷筑波国定公園に指定されている霞ヶ浦や筑波山など豊かな自然を体感でき、手ぶらで来ても県内10カ所の施設で自転車の貸出・返却が可能。無料休憩所も点在し、気軽にサイクリングが楽しめる。車では気づかない景色や、地元の隠れた名店を発見できるかも!?
14市町村にまたがる総延長180㎞のサイクリングロード。水郷筑波国定公園に指定されている霞ヶ浦や筑波山など豊かな自然を体感でき、手ぶらで来ても県内10カ所の施設で自転車の貸出・返却が可能。無料休憩所も点在し、気軽にサイクリングが楽しめる。車では気づかない景色や、地元の隠れた名店を発見できるかも!?
茨城の秋を代表する市民マラソンのひとつ。「進化してゆくマラソン大会」を目指し、スタート時の混雑を緩和する「ウェーブスタート」を実施するほか、疲労防止などランナーの体調を良好に保つ給食を提供するなどマラソンを様々な角度から科学しています。
茨城の秋を代表する市民マラソンのひとつ。「進化してゆくマラソン大会」を目指し、スタート時の混雑を緩和する「ウェーブスタート」を実施するほか、疲労防止などランナーの体調を良好に保つ給食を提供するなどマラソンを様々な角度から科学しています。

高さ120m・幅73mの大きさを誇り、大岩壁を四段に流れることや、その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したことから別名「四度の滝」とも言われます。寒さ厳しい冬には滝全体が真っ白に凍結し、その神秘的な風景は「氷瀑」と呼ばれています。
高さ120m・幅73mの大きさを誇り、大岩壁を四段に流れることや、その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したことから別名「四度の滝」とも言われます。寒さ厳しい冬には滝全体が真っ白に凍結し、その神秘的な風景は「氷瀑」と呼ばれています。
「東のアンコウ 西のフグ」と並び称される茨城県を代表する冬の味覚。県内各地で味わえるが、特に北茨城市、日立市、ひたちなか市、大洗町、水戸市が盛ん。
「東のアンコウ 西のフグ」と並び称される茨城県を代表する冬の味覚。県内各地で味わえるが、特に北茨城市、日立市、ひたちなか市、大洗町、水戸市が盛ん。